「せき」は背中・腰によくない!? | 大口・扶桑・犬山・小牧 ひだか接骨院大口分院

ヘッダー

「せき」は背中・腰によくない!?

2012.11.07

こんにちは!!

 

頭を丸坊主にして、身体も心もスッキリスッキリ!の柔道整復師の木村です:)

 

今日のテーマは「せき」です。

 

せきは筋肉によくない!?

 

なぜでしょう?

 

それは最後にとっておきますね。(^_^)

 

 

 

 

最近、すでに冬なんじゃないかというくらい、外は冷えて、乾燥もしてくるようになってきました。

 

急激な気候変化に身体がついていけず、かぜをひかれる方も多くなってきました。

 

みなさん、体調は大丈夫ですか?

 

かぜをひかぬように、外から帰ってきたら、しっかりと手洗い・うがいをしましょうね。

 

 

さて、かぜをひくなどすると、「せき」をするようになります。

 

かぜをひいてなくても、外の乾燥からか、せきがでやすい環境になってきています。

 

この「せき」、実は、危険です!!

 

せきが続くことで、体内に熱がこもり、発熱しやすくなります。

 

それだけではありません。

 

実は、ぎっくり腰の原因にもなります!!

 

「えっ!?」

 

と思う方、必見です。

 

 

せきをすると、ものすごく身体に負担をかけてしまいます。

 

せきは瞬間的に空気を外に飛ばしますよね。

 

その時、強い衝撃がからだに伝わります。

 

特に背中や腰に伝わります。

 

もし、背中や腰がその衝撃を抱えられないくらい、硬くなっていたら…

 

どうなると思いますか?

 

ここまで言ったら予想できる方もいらっしゃるかもしれませんが…

 

ぎっくり腰、背中の肉ばなれなどになってしまうのです!!

 

信じられないかもしれませんが、せきをしてぎっくり腰になられた方はみな、恥ずかしそうに…

 

「知らなかった」

 

と言われます。

 

そうならないためにも背中や腰を柔らかくしていく必要があるのです。

 

「なんか最近背中や腰が疲れやすい」

「からだをひねるとつっぱる感じがする」

「背中や腰がはってる感じがして動きづらい」

 

などの方は、要注意です!!

 

みなさん、今のうちに背中や腰を柔らかくしておきませんか?

 

これからの冬対策を一緒にのりこえていきましょうね(^O^)/