トレーナー活動をしてきました。 | 大口・扶桑・犬山・小牧 ひだか接骨院大口分院

ヘッダー

トレーナー活動をしてきました。

2012.07.30

光る汗、青い空、突き刺さる太陽の日差し・・・

 

 

 

 

 

 

暑い!!

 

 

どうも、鍼灸師の林です。

私林の地元『多治見』は非常にやばいことになっています。

気温も38.5度と人の体温をさらに越えている。

 

多治見のマスコットのうながっぱんの人は大丈夫なのか・・・

 

と、心配してしてしまう今日この頃。

 

 

その心配とは別に、先日も猛暑の影響で野球部の子がランニング中に熱中症になり倒れ亡くなると

いう事故がおきてしまった。

 

たしかに僕も野球経験者で、夏の厳しい練習にも耐え、昔の教えの為水分もあまりとれなかったのですが、

これほど暑かったのかな?今の暑さは尋常ではないので、水分補給は少量をこまめにとるのがいいみたいです。

 

 

話は変わりますが、7月29日の日曜日に『空手のトレーナー』に行かせていただきました。

 

全日本のチャンピオンが出場されており、非常にレベルの高い大会となっておりました。

フルコンタクトと呼ばれるほとんどノーガードで打ちあう試合で、目の前でみるとすごい迫力でした。

 

 

昨日の空手のなかでの治療は、試合前のテーピング、試合後のアイシング、テーピング、ハイキックを喰らって脳震盪の選手の処置などなどをさせていただいたのですが、もう壮絶でした。

 

ハイキックなどは一瞬のできごとで何が起きたかも覚えていない感じでした。

的確に処置もできましたし、その後のフォローもうまくおこなえたと思います。

 

 

テーピングひとつにしろ、動きを出すテーピング、固定させるテーピングなどを使い分けを

しなければいけません。

 

 

 

でも大丈夫。

 

 

ひだか接骨院ではそういった治療やテーピングなども得意としています。

 

今は夏の大会も真っ盛りなので、お悩みの方はぜひ声をかけてください。

 

 

 

そして、もう一つ。空手を通して、試合後に相手をたたえあう姿が見れました。

武道の精神って本当に素晴らしいですね。

 

感動も得て帰ってきたので、またバリバリやりますよ!!