下半身から作る体の健康とは? | 大口・扶桑・犬山・小牧 ひだか接骨院大口分院

ヘッダー

下半身から作る体の健康とは?

2012.07.18

こんにちは!

連続での投稿になりますが

今度は鍼灸師、伊神が書かせていただきます。

 

さっき林先生も言ってましたが

暑いですねー!

34度とか出ているみたいですし・・・

また有名な多治見市なんかでは

36度以上で真夏日を記録しているみたいです!

 

 

さて先の記事でもありましたが

今週末ひだか塾というセミナーをします。

そこでのテーマが「下半身からつくる体の健康」です。

 

足の動きを良くするための体操や

痛みが出にくい下半身作りのためのストレッチなどお伝えしていきますので

参加お待ちしてますね!

 

それに関連する部分で私は鍼灸師ですので

足の重要なツボの話をしたいと思います。

鍼灸でよく使うツボですが

中でも足のだるさ、足の前面の症状の人に

よく使うツボで「足三里」というのがあります!

その名の通り、膝のお皿の外の窪みから下に三寸いった所にあります。

三寸はだいたい手幅指4本分くらいです。

そのあたりに足の症状があるひとなら

押して痛みや気持ちよさが出る部分があります。

それが「足三里」というツボです!

 

他にも胃腸の調子も整えたり

内科疾患にもよく使うツボになります。

 

鍼灸などから見た東洋医学という観点でも

下半身や全身の巡りを良くする事が大事という考え方をします!

 

皆さんも下半身に気になる症状があれば是非気軽にご相談ください。