喘息について | 大口・扶桑・犬山・小牧 ひだか接骨院大口分院

ヘッダー

喘息について

2014.09.16

みなさんこんにちは!

柔整師の鈴木です(^_^)/~

 

季節の変わり目ということもあってか風邪の患者様が増えてますね…。

ちなみに僕も今年初の風邪をこじらせました!!!

…情けないばかりです。

 

そこで今回お話しさせていただく内容は…

 

気管支喘息です!!!!!

 

気管支喘息とは、

気管支の膜に炎症が起きてしまう結果、

微小な刺激にたいして過敏になり次の様な症状を訴えます。

 

1、咳き込む

2、呼吸が苦しくなる

3、酸欠状態になる

4、体力の低下

5、ヒューヒューといった喘鳴

6、アレルギー反応

 

特にこんな特徴もあります!!!

思いたる節がある方はきおつけてくださいね…。

!、軽い咳が長期に続く

2、風邪やアレルギー持ち

3、突然のひどい風邪や咳

4、ヘビーな喫煙者

5、気温季節の変化で体調を壊しやすい

6、体力の落ちてきた方

 

このように気管支喘息になってしまうと、

日常生活でも体力を奪われやすくなってしまいます…(+o+)

 

また、

喘息をかかえた患者様の多くが背中・肩の張りや、

胸の息苦しさを訴えることが多いです!!!

 

そこでひだか接骨院では、

気管支喘息もちの患者様に対して鍼灸の治療を得意としています!!!

他にも、

1、小児鍼

2、花粉症治療

3、魚の目治療

4、神経筋肉損傷への治療  など

様々な治療をしていますのできになったらお近くのスタッフまで(^_^)/~