夏の大会真っ最中!スポーツ障害は当院へ! | 大口・扶桑・犬山・小牧 ひだか接骨院大口分院

ヘッダー

夏の大会真っ最中!スポーツ障害は当院へ!

2012.07.25

ミーンミンミンミー

最近セミのモノマネを患者さんの小学生の子から教えてもらった鍼灸師の林です!

 

セミの鳴き声を聞くと僕は、夏休み!プールというより小学校からやっていた野球を思いだします。

今の時期は高校野球の甲子園にむけての地方大会であったり、県大会、東海大会、全国大会を目指している

中体連、管内大会が始まっていますね。

 

僕自身もトレーナーとして見させていただいているチームも地区大会も優勝をして次のステージに進んでいます。

本当に今を頑張っている学生を応援したい気持ちでいっぱいです。

 

僕個人は、夏の甲子園予選、2年連続1回戦に足をつってしまうという不名誉な結果を・・・

 

 

さておき、僕たちひだか接骨院はスポーツ障害にも力を入れているんです。

 

私林はスポーツ部門を得意としており、痛める前のケア、なってしまってからのリハビリ、

ストレッチ指導、トレーニングの指導などをさせてもらっています。

 

私自身非常に怪我が多かったので、思うようなプレーができず悔しい思いをしました。

そんな悔しい思いをしてもらいたくないので、スタッフ一同徹底してケアをさせていただいています。

 

今の学生を見て一つ言える事は、非常に体が硬い!!ということなんです。

体が硬いとどうなると思いますか?

 

 

そうなんです、怪我が非常に多くなってしまうんです。

輪ゴムで例えると、柔らかい輪ゴムってなかなかきれないですよね?

使い過ぎている輪ゴムってすぐプチっと切れますよね?

 

怪我の時もこれと同じなんです。

なのでしっかり柔らかい柔軟性のある体をつくることが大事なんです。

 

今の大会中は筋肉を使い過ぎて硬くなる時期なんです。硬くなっているとパフォーマンスも

さがってしまいます。

 

当院にはトップアスリートも使用する「ハイボルテージ」と呼ばれる特殊電気と、筋肉をゆるめる「スポーツ鍼灸」

も行なっています。

 

現在大会中で、いきなり体を触っても大丈夫か?と不安な方もみえると思います。

 

でも大丈夫!!

その日程にあわせた、患者様の体に最適な治療を細かく話を聞きながら治療していきますので

ご安心くださいね!!

 

 

 

一度、悩んでいるようでしたら、ご相談ください。