姿勢が崩れると、、、 | 大口・扶桑・犬山・小牧 ひだか接骨院大口分院

ヘッダー

姿勢が崩れると、、、

2014.04.02

こんにちは!鍼灸師の柳生です!

 

今日もいい天気ですね!

 

最近は患者さんの上着が軽くなった気がします 笑

 

お昼など、日が出ている時に散歩してみるのも気持ちいいかもしれませんね!

 

年度末で疲れた方も多いと思うので、適度なリフレッシュをオススメします(^O^)♪

 

 

 

さて今日は誰もが悩んだことのある『肩こり』について書きたいと思います!

 

まず肩こりとは、首の後ろから肩甲骨にかけての筋のこわばり・不快感・違和感・鈍痛を言います。

 

なんでこんな症状が出てくるかと言うと、首は頭を支えていますが、頭ってめちゃくちゃ重いんですよ!

 

体重の約13%の重さがあるみたいです!って言われてもわかんないですよね。笑

 

簡単に言えばボーリングの玉くらいと言われています。

 

首は、その重さを支えながら右左上下の動きをしてるので筋肉にすごく負担がかかってしまいます(>_<)

 

だから姿勢が悪くなって背中が丸くなると、頭が前に出てしまい首の筋肉がさらに張ってしまうんです!

 

筋肉が硬くなってしまうと、血流も悪くなり、結果として頭痛などの症状も出やすくなります。

 

そのような症状を出さないためにも、しっかりとした体の軸を作り、良い姿勢を保てるようにしていきましょう!!