早期の処置が大切!! | 大口・扶桑・犬山・小牧 ひだか接骨院大口分院

ヘッダー

早期の処置が大切!!

2014.08.19

みなさんこんにちわ~

 

柔道整復師の舟坂です。

 

今日もすごい暑いですね(@_@;)お盆中の雨が嘘のような天気ですね!!

 

ですが木曜日頃からまた雨が降るみたいなのでみなさんお気を付けください\(◎o◎)/!

 

さて、今日は捻挫の痛みで来院された方がみえました。

 

その子はバレーをやっている際にジャンプをして着地を失敗して捻ってしまいました。

 

その後学校の先生の処置が良くその場で足をテーピングで固定し、すぐに当院に来て頂いたので早めの処置を行うことが出来ました。

 

みなさん足を捻ったや人や物と衝突をして痛みが出てきた場合に早期の処置が今後の治癒スピードにも大きくかかわってきます。

 

ポイントとして

 

まず「安静」にしましょう。これは無理をせずに運動などを中止し痛い所にこれ以上負担のかからないようにしましょう。

 

その次に「冷却」をしましょう。これは痛めた所が熱を持つことがあるのでその時にはシップや氷水をビニール袋に入れ冷やしてあげましょう。

 

ただ冷やす際に注意が必要なのですが、ビニール袋などに入れて冷やす際は必ず氷水にしてください。

 

くれぐれも氷だけだと0℃以下になってしまい体の体温を著しく下げるのと冷たすぎて痛くなり長時間冷やすことができなくなるので、

 

氷水だと水がある分0℃以下にはなることがないので長時間冷やすことができ、体にもストレスを与えることはないので

 

やる際には氷水でぜひ行ってください。

 

まだまだいろいろありますがそれはまた今度お伝えしますね\(^o^)/

 

一番大事なのは痛みが出たら早めの処置が大事になってくるので我慢だけはしないでくださいね。

 

それではまた~