最後の処置!!!! | 大口・扶桑・犬山・小牧 ひだか接骨院大口分院

ヘッダー

最後の処置!!!!

2014.09.08

みなさんこんにちわ~

 

柔道整復師の舟坂です。

 

今日は暑くもなく寒すぎることもなく、過ごしやすい天気になりましたね\(^o^)/

 

ただ、昨日がすごい暑く夜から涼しく温度差があり多くの方がダルさを訴ていたのでみなさん

 

水分補給や服装で対策してみてください。

 

さて、今回は2週に渡り初期治療の話を書きましたが、今回はその最後の一つ

 

「拳上」についてお話ししたいと思います。

 

拳上とは簡単に言うと患部(痛めた所、ケガをしたところ)を上に持ち上げることです。

 

そのままです。(^_^;)

 

患部を心臓よりも高い位置に持ち上げます。

 

こうすることで内出血がひどくなるのを防ぎ、腫れが極端に出るのを防ぎます。

 

これは血液が心臓から出ているので心臓より下にあると重力でそのまま血液の流れがいい状態になってしまいますが、

 

逆に重力に逆らい上がっていこうとするのは少なからず血液の流れが悪くなってしまうからです。

 

よく「ふくらはぎ」がむくんでしまうのもこれが原因です。

 

自分の力で持ち上げておくのはとてもえらいので机やイス、台の上など手ごろな物に乗せましょう!!!!

 

今までお話ししてきた、安静・冷却・圧迫・拳上を適切に行えば今後の練習復帰も早くなりますし、

 

何より痛みが引くのが早いのでオススメです。