スポーツで怪我をした方が犬山市から来院されました。 | 大口・扶桑・犬山・小牧 ひだか接骨院大口分院

ヘッダー

スポーツで怪我をした方が犬山市から来院されました。

2012.06.28

こんにちは。

初の投稿をする院長の進藤です。

6月に入ってから、スポーツで怪我をする患者様が多く来院されています。特に中学生、高校生が多いです。

 

なぜか・・・?

 

7月に最後の大きな大会、夏の大会がある為、部活動がかなり盛んになってきているからです。

 

しかも、この6月は梅雨時期でもあり、ジメジメした気候の中、なかなか疲れが取れなくなるんです。

 

部活動が盛んで、疲れが取れない梅雨時期。

 

この悪い要素が重なっているので、自然と怪我に繋がってしまうんです。

 

では、この時期に怪我をなくし、パフォーマンスを上げるにはどうすればいいのでしょうか?

 

それは簡単なんです!

 

悪い要素を取り除く事です。

 

梅雨のジメジメを無くすのはなかなか難しいので、疲れを取るという事をメインで行なう事が大事です。

 

その為には、自宅でのストレッチや医療機関に行って、マッサージなどを行なうって事です。

 

当院はその二つの事を得意としています。

 

まずはその人に合ったストレッチの指導をして、自宅でも簡単に行えるようにしています。

 

もうひとつは、スポーツ部門担当のスタッフがいますので、競技に合わせた治療が出来るんです。

 

 

なので、大事な試合に向けての調節や試合までに治すって事が可能なんです。

 

ということは、夏の大会が近い方、大切な試合が近い方にはぜひ来院していただき、試合で最高のパフォーマンスを出せるんです。

 

ひだか接骨院は、そんな方々の、試合で勝った!とか試合で自己ベストが出た!という声を多く聞く事が出来ています。

 

最高に嬉しい瞬間です。

 

もっともっとそんな嬉しい声が聞きたいです。聞かせてください!

 

その為に最先端の技術を用意して待っています。

 

なお、いろいろな質問や悩みがあると思います。

 

そんな時は、電話かメールでお問い合わせください。

しっかりとお答えさせていただきます。

 

では、ひだか接骨院大口分院の院長進藤でした。