腰にヘルニアのある方が犬山市から来院されました。 | 大口・扶桑・犬山・小牧 ひだか接骨院大口分院

ヘッダー

腰にヘルニアのある方が犬山市から来院されました。

2012.07.13

こんにちは。

院長の進藤です(^O^)/

 

先日、ヘルニアの患者様が来院されたので、どんな状態だったかをお伝えしますね。

きっと、「俺もだ!私もだ!あの人がたしかそうだったような・・・」

 

って思う方がいるんじゃないかなって思います。

 

そのヘルニアの方は、右足全体にしびれと痛みが常にあるんです。

腰は痛みと言うか、重いと言う感じです。

でも、腰の筋肉がかなりカチカチで・・・・まるでコンクリートのような感じでした。

 

日常生活でも支障が出ていました。

階段でつまずく。

敷居でつまずく。

靴下が履けない。(履くまでに時間がかかる)

顔を洗う時がつらい。

和式のトイレが無理。

長時間の運転が出来ない。休憩が必要。

夜に目が覚める。

と言っていました。

 

ここまででも、共通する部分ってありませんか?

 

この方は、いろんな治療院に行った経験の持ち主。

マッサージ、整体、気功、はり、病院。。。。。

 

ということは、同じ事を行なっても治らないって事なんですよね!

では、当院は何をするかって事です。

 

ヘルニアの場合、まずヘルニアの部分の負担を取り除くために矯正をします。

当院独自の矯正法で、ヘルニアにも適応する矯正です。

次に、傷ついた神経に対しての治療です。

特殊電気を使って、神経の修復を起こします。

 

そして、筋肉をほぐす。

 

この一連の流れが必要です。

 

しかし、これを一日で全部をやることはしません。

刺激が強すぎるからです。

刺激が強いと体は守ろうとして、身体を硬くしてしまうんです。

そうなると、治るものも、治らないんです。

治る環境を身体に作っておく必要があるんです。

 

なので、身体を見ながら、それに合った治療プランで行なって

早期回復、早期治癒を狙っていきます。

 

多くの方がヘルニアで苦しんでいるのを見ていますが、

症状が軽減して楽になって、笑顔になっているのもたくさん見ています。

 

もし、ヘルニアで苦しんでいる方、苦しんでいる方を知っている方がいましたら

当院を頼ってください。HPのお問い合わせでご質問ください(^O^)

 

では、院長の進藤でした(^O^)/