鍼灸でそんなことも!? | 大口・扶桑・犬山・小牧 ひだか接骨院大口分院

ヘッダー

鍼灸でそんなことも!?

2014.06.27

こんにちは!鍼灸師の柳生です!

 

今日はジメジメしてますね~(~o~)

 

今年の梅雨も知らないうちに終わりそうな感じですね(^_^;)

 

6月も終盤なので、夏に向けてのパワーを溜めないと!

 

ひだか接骨院では体を治す事はもちろん、心も元気にしちゃいますよ~!!!!(^O^)

 

 

 

 

さてさて、話しは変わりますが、魚の目の治療が鍼灸でできるって知ってますか!?

 

細かく言うと『灸』での治療になるんですが、液体窒素を使うものや、やすり等で削り取るものと違って痛みなく治療することができるんですよ!!

 

大きさによって治療期間は変わってきますが、今治療されている方は4回の治療で治療前に比べると痛みの頻度がかなり少なくなっているみたいです!(^u^)

 

背骨のゆがみにより、左右の足の裏のどちらかにかかる負担が大きくなり、過度の血流障害が起こる事で魚の目ができてしまうと言われています。

 

患者さんに聞いてみると、魚の目で悩んでる方って結構いるみたいですね!

 

『ひだか式背骨矯正+灸治療』

 

で、痛みの無い生活を目指しましょう!!!!

 

痛みなく治療したいと悩んでる方がいましたらいつでも相談にのりますよ~(^_-)-☆