大口・扶桑・犬山・小牧 ひだか接骨院大口分院

ヘッダー

2012年 7月

夏空サイコーです!

 

そんな空をみながら花火の予定をチェック中の柔道整復師の木村です。

 

そこで花火を見に行かれる予定のある方に必見!!

 

僕は花火を見に行った次の日になると、決まって腰の違和感がでてきます。

 

みなさんは花火を見ているあいだや、花火を見た次の日に腰が痛くなった経験はないですか?

 

立った姿勢でずっと上を見ていると……

 

実は!!

 

腰に影響しやすいのです!!

 

立った姿勢で上をいたままだと、体のバランス上、腰を反る状態になります。

 

ずっと腰を後ろにそっていたら……

みなさん、どうなるか想像できますよね。

 

当然、腰が痛くなってきます。

 

花火大好きな木村としましては、

 

そんな腰痛対策として、いろいろなことを行ない、腰が痛くならないようにしています!

 

例えば

・こまめに軽くストレッチ

運動前に行なうような大きく動かすストレッチではなく、立ったまま手で骨盤をもつようにして、少し動かします。

そのようにして骨盤周りの筋肉を伸ばしてあげます。

 

・足の位置を少し変えてみる。

片方の足を段のある場所に置く。しばらくしたら足を変えてみる。

 

もしよければトライしてみて下さいね♪

 

腰が痛くなる多くの方が、

「長いあいだ、同じ姿勢を続けている」

ことからおこります!!

 

そして、腰の痛みは腰の不安定さからくる腰の筋肉の硬さからおこります!!

 

みなさん、腰を触ってみて、

「かたい~」

と感じる方、

立っていて、

「なんか不安定だな」

と感じる方、

当院では体の不安定さをただす矯正や硬すぎる筋肉を早く緩める治療を行なっています。

気になる方、ぜひ当院へお越しください。

そして早めに柔らかくしていきましょうね。

 

そして、快適な花火ライフをおくりましょうね:)

光る汗、青い空、突き刺さる太陽の日差し・・・

 

 

 

 

 

 

暑い!!

 

 

どうも、鍼灸師の林です。

私林の地元『多治見』は非常にやばいことになっています。

気温も38.5度と人の体温をさらに越えている。

 

多治見のマスコットのうながっぱんの人は大丈夫なのか・・・

 

と、心配してしてしまう今日この頃。

 

 

その心配とは別に、先日も猛暑の影響で野球部の子がランニング中に熱中症になり倒れ亡くなると

いう事故がおきてしまった。

 

たしかに僕も野球経験者で、夏の厳しい練習にも耐え、昔の教えの為水分もあまりとれなかったのですが、

これほど暑かったのかな?今の暑さは尋常ではないので、水分補給は少量をこまめにとるのがいいみたいです。

 

 

話は変わりますが、7月29日の日曜日に『空手のトレーナー』に行かせていただきました。

 

全日本のチャンピオンが出場されており、非常にレベルの高い大会となっておりました。

フルコンタクトと呼ばれるほとんどノーガードで打ちあう試合で、目の前でみるとすごい迫力でした。

 

 

昨日の空手のなかでの治療は、試合前のテーピング、試合後のアイシング、テーピング、ハイキックを喰らって脳震盪の選手の処置などなどをさせていただいたのですが、もう壮絶でした。

 

ハイキックなどは一瞬のできごとで何が起きたかも覚えていない感じでした。

的確に処置もできましたし、その後のフォローもうまくおこなえたと思います。

 

 

テーピングひとつにしろ、動きを出すテーピング、固定させるテーピングなどを使い分けを

しなければいけません。

 

 

 

でも大丈夫。

 

 

ひだか接骨院ではそういった治療やテーピングなども得意としています。

 

今は夏の大会も真っ盛りなので、お悩みの方はぜひ声をかけてください。

 

 

 

そして、もう一つ。空手を通して、試合後に相手をたたえあう姿が見れました。

武道の精神って本当に素晴らしいですね。

 

感動も得て帰ってきたので、またバリバリやりますよ!!

 

 

真夏!!と言えば

冷た~いビールや、冷た~いジュースが

美味しい季節がやってきましたね~(^◇^)/

 

あちゃ(・・;)

挨拶が遅くなりました

いつも元気な、さつきです(*^^)v

 

この時期になると、ついつい喉ごしがよい

ビールやジュース、アイスクリームなどの

冷たいものについつい手が伸びてしまいますよね。

 

ビールが飲めない私も、この時期になると、

ジュースやアイスクリームでお腹を壊すことも多々

あります(^_^;)

こういった、胃腸の調子やお酒の飲みすぎでの

肝臓疲労など、内蔵の疲れが原因で寝違えが

起こるとも言われています\(◎o◎)/!

 

冷たいもので胃腸が冷え、それを戻すために

大量のエネルギーを消費するし、胃腸が弱った状態のままでいると

夏バテの原因にもなるので、汗をかいた後や

暑い所から帰って来たときなどは、

冷たいものを口にして、食事やおやつのときは

温かい飲み物で体の内側から優しくいたわり

ホッとするのが良いみたいです。

 

みなさん、汗をかいた後に冷たい物が

美味しいからといって、暴飲暴食せず

健康に毎日を過ごして下さいね(^_-)-☆

 

 

子供の夏休みに突入してから明日で1週間・・・。

私と同じ、子を持つお母さまたち、

そろそろイライラが溜まってきているのではないでしょうか?

 

・・・私は溜まってきました・・・

昼まで寝てるしぃ、

仕事終わって帰ったら、どろぼう入ったか?!!!ってくらい家の中くちゃくちゃだし・・・(怒)

1日中家にいるんだから、ちょっとは片づけてくれー!!って思うよね・・・。

 

すいません、愚痴っちゃいました(反省)

 

でもまあ、子供たちが楽しみにしていた夏休み。

イライラ、カリカリしていてもつまらないので、

親子で楽しい思い出作りたいなぁ・・・なんて思ってます。

 

皆さんはこの夏休みどんな予定をたてているのかな?

 

我が家は、私と子(男)2人の3人家族。

去年の夏は、どーっこも行かずに、知らない間に終わっちゃった感じだったんですが・・・

でもでも、今年の夏は3人共通の趣味<よさこい>をめいっぱい楽しんじゃおうと思ってます。

練習はちょっぴりキツイ時もあるけど(年のせい?)

お祭りのときに、ステージで踊るのって最高!!!

一度体験したらやめられません!!

8月の終わりには、名古屋ど真ん中祭りという大きな祭りがあるので、

それまでにバッチリかっこよく踊れるようにがんばりますよ~。

 

子供と同じ趣味があると、話もはずむし、コミュニケーションが取れていいですよ。

体動かすと、イライラの解消にもなるしね(^^)

 

そのためには、元気でいることが第一条件!!!

 

それでは、皆さん、体調管理には気を付けて、楽しい夏休みを(^^)/

ミーンミンミンミー

最近セミのモノマネを患者さんの小学生の子から教えてもらった鍼灸師の林です!

 

セミの鳴き声を聞くと僕は、夏休み!プールというより小学校からやっていた野球を思いだします。

今の時期は高校野球の甲子園にむけての地方大会であったり、県大会、東海大会、全国大会を目指している

中体連、管内大会が始まっていますね。

 

僕自身もトレーナーとして見させていただいているチームも地区大会も優勝をして次のステージに進んでいます。

本当に今を頑張っている学生を応援したい気持ちでいっぱいです。

 

僕個人は、夏の甲子園予選、2年連続1回戦に足をつってしまうという不名誉な結果を・・・

 

 

さておき、僕たちひだか接骨院はスポーツ障害にも力を入れているんです。

 

私林はスポーツ部門を得意としており、痛める前のケア、なってしまってからのリハビリ、

ストレッチ指導、トレーニングの指導などをさせてもらっています。

 

私自身非常に怪我が多かったので、思うようなプレーができず悔しい思いをしました。

そんな悔しい思いをしてもらいたくないので、スタッフ一同徹底してケアをさせていただいています。

 

今の学生を見て一つ言える事は、非常に体が硬い!!ということなんです。

体が硬いとどうなると思いますか?

 

 

そうなんです、怪我が非常に多くなってしまうんです。

輪ゴムで例えると、柔らかい輪ゴムってなかなかきれないですよね?

使い過ぎている輪ゴムってすぐプチっと切れますよね?

 

怪我の時もこれと同じなんです。

なのでしっかり柔らかい柔軟性のある体をつくることが大事なんです。

 

今の大会中は筋肉を使い過ぎて硬くなる時期なんです。硬くなっているとパフォーマンスも

さがってしまいます。

 

当院にはトップアスリートも使用する「ハイボルテージ」と呼ばれる特殊電気と、筋肉をゆるめる「スポーツ鍼灸」

も行なっています。

 

現在大会中で、いきなり体を触っても大丈夫か?と不安な方もみえると思います。

 

でも大丈夫!!

その日程にあわせた、患者様の体に最適な治療を細かく話を聞きながら治療していきますので

ご安心くださいね!!

 

 

 

一度、悩んでいるようでしたら、ご相談ください。

 

 

 

最近の患者様の流れで、多くなってきていることがあるので

 

ご紹介します。あっ!!院長の進藤です(^O^)

 

というかなんだと思いますか??

 

問題!

①肩

②手

③ひざ

 

わかりますか?

 

一般的に、肩や腰の痛みを訴える人が多いです。

もちろん、当院でも多くの患者様が来院されています。

 

でも、最近多く見るのが

 

手の症状なんです!

 

手って言っても、いろいろあります。

 

腱鞘炎やばね指、突き指・・・・

 

中でも、指の変形を気にされて来院される方が多いです!

そして、共通して言えることが、リウマチ??って言われる方が多いです。

 

リウマチって聞くだけで、すごく心配されます。

 

でも、多くの方が、へバーデン結節といわれる指の変形なんです。

 

指の末端が痛かったり、ボコッと骨が出てきているとか無いでしょうか?

これは、手や指を多く使う仕事の方や力仕事、最近だとデスクワークでパソコンを使う方に多いです。

 

ようは、使いすぎによるものなんです(>_<)

 

 

変形し始めから終わるまでの間で痛みが強くなる傾向があります。

 

でも変形が終われば痛みもなくなります。

 

しかーし、痛みは苦痛なもので、日常生活でも苦になるんです。

 

当院は、その痛みを和らげ、生活が楽にできます(^^)/

 

その方法は・・・・・

 

知りたい方は、お問い合わせから聞いてください。

 

しっかりご説明させていただきますよ(^○^)

ごきげんよう!

上品さが言葉からにじみ出てしまう大口分院鍼灸師の伊神です。

 

今日はたこや魚の目といった足の裏に出来る

皮膚の疾患に対して鍼灸を使いアプローチできるので

それをお伝えします!

 

歩きかたや足への体重のかけ方などがうまくいかないと

足の裏に負担がかかり先に言ったようなたこや魚の目が出来てしまい

歩く時などに違和感や痛みが出てしまいます。

これがひどくなると皮膚が化膿したり炎症が起きてしまい

OPEなどに頼る事になってしまいます。

 

 

それはつらいですよね?

 

 

そうなる前に鍼灸、  にお灸での治療が効果を発揮します  

 

 

やり方としては

たこや魚の目ができてしまっている部分に

直接お灸をします。

そうするととても熱く火傷してしまいそうに思いますが、

実はたこや魚の目になってしまっている皮膚は芯もあり非常に硬くなっているので

熱さを感じないのがほとんどのため

直接お灸をしてしまいます。

 

こうしてお灸での熱刺激と

お灸の素になっているもぐさに含まれるタール成分というのが

たこ、魚の目の部分に染み込み患部を柔らかくしていきます。

 

柔らかくなった患部をはさみなどで切り取り

芯まで緩めていきます。

 

この治療を数回続ける事で

芯から取っていく事ができます。

 

たこや魚の目ができているかた

それでお困りの方は当院鍼灸師までお気軽にご相談ください!

こんにちは:D

今日も暑いですね。

この大口町もついに30℃を超えました!!

家でもエアコンをつけ始めた家庭が多いと思いますがみなさんの家ではどうですか?

昼の休憩中に店にいくことがあります。

すると、ガンガンに冷房が効いています。

「涼しい!!」

思わず言ってしまいます。

そして外に出ると、今度は

「あ~つ~い~~」

 

この時期で気をつけなければいけないのは

「クーラー病」と言われているものです。

 

暑いのになぜか

手足が冷える

頭が痛い

立ちくらみがひどくでる

などなどの症状があらわれる方が多くみえるようになってきています。

 

この原因はまさに「温度差!!」

みなさんも冷房がガンガンに冷えた電車から出た瞬間、頭がフラフラ~となる経験をされたことのある方はいませんか?

 

冷えたところから急に暑いところに移ると体がその環境についていけなくなり、そのような症状がおこってしまいます。

 

それはなぜなのでしょう!?

体の血の流れがよくない

これが原因になってきます。

 

普段、

仕事などでどうしても生活が不規則になってしまう方、

朝食をとらない方、

寝る時間がみじかくなってしまう方、

 

要注意です!!

さらに!!

手足が冷えやすい

頭が痛くなりやすい

体が硬いといわれたことがある

そういった方はこの時期、クーラー病になりやすい方でもあります!!

 

そういった方は早めに対策をとっていきましょう。

体の血のながれをよくする

体の柔軟性をよくする

これらを行なうだけでも、全く体が変わってきます!!

 

この夏、クーラー病に悩みを解消し、常に楽しい生活を送ってみませんか?

みなさんこんにちは。鍼灸師の林です!!

今日午前までどんよりしていた雲も僕たちの元気で吹っ飛んでいき、すっかり晴れてきましたね!!

でも、むしむししますね~!伊神先生なんか汗びっしょりで鍼していました。笑

 

今は暑いのですが、昨日はうってかわって肌寒さすら覚えるような過ごしやすい気候になりましたね。

寒さを覚えてからまた気温急上昇となるとなかなか人間の体ってついていかず、体調を崩す方ってみえるんです。

 

今日も小牧からめまいを訴える主婦の方が来院されました。

話を聞いていても土曜日まではよかったのにめまいがでてきてしまって・・・

と、お話しされていました。

実際はめまいだけでなく、頭痛を訴える方も多くみえ、温度差に対応できてない感じが見受けられました。

 

これからの時期はエアコンを使われる時期ですよね??

ここで怖いのが先程もいった温度差なんです!!

 

かなりの人がこの時期夏にも関わらず冷え症がでて、めまい、肩こりがでてくるんです。

エアコンをかけないで熱中症になっても困るのですが、温度を下げ過ぎてしまうと逆に自分の体を

痛めつけてしまうのです。

 

冷えると筋肉はひきつって、体をゆがませる原因にもなります。

少しでもふわっとしたり、頭痛がでたら声をかけてください。

歪みのサインが出ている可能性がありますよ!!

おはようございます。

 

今日もテンション最高潮の院長の進藤です。

 

今回は、『しびれ』についてお伝えしますね(^O^)

 

「手先がビリビリする」

「肘のあたりがしびれてる」

「腕を触るとなんか変な感じがする」

「足が自分の足じゃない感じがする」

「正座してしびれた時の感じがいつもする」

「お尻の付け根から太ももにかけて突っ張る感じがする」

 

と、こんな症状を訴える方が多いです。

きっと周りの方でも言っている人が多いと思います。

どうですか?聞いた事ありませんか?

 

この症状は、すべて神経症状なんです。

筋肉の問題ではなく、神経が傷ついちゃってるからなんです!

 

よく患者様から

「湿布をベタベタ貼ってるんだけど・・・・」

「薬局で買った塗るやるを毎晩やってるんだけど・・・・」

 

と大抵の方が同じ事を言ってます。

 

そうなんです!

 

このような神経症状は、絶対にシップや塗り薬では治らないです!

”治す”と”抑える”の違いです。

 

抑えるって言葉を変えると、ごまかすともいえます。

シップや塗り薬は、ごまかしに近いです。

けして治すものではないんです。

 

では、どうしたら治せるのか???

 

まず、神経が傷ついた原因を治す事です。

その原因は、硬い筋肉だったり、骨の歪みがほとんどです。

 

次にやるのが、傷ついた原因を取り除いても、神経の傷は治りません。

そこで、行なうのが、神経を修復させるって事です。

これは、特殊な電気を使って行なわないといけません。

 

この二つの事をやれば、しびれは治ります。

 

長年のしびれ、まだ日の浅いしびれ。

どちらも治せます。

 

そんな治療を当院は得意とし、多くいの方に喜んでいただいています。

 

なので、ご自身、周りの方で悩んでいる方がいれば

 

当院を頼ってください(^O^)/

 

では、院長の進藤でした!!