捻挫 | 大口・扶桑・犬山・小牧 ひだか接骨院大口分院

ヘッダー

捻挫

大口、扶桑、犬山、小牧で捻挫をしてしまったら我慢せずに接骨院で治療を

捻挫というのは、関節なら何処でも起こりえる怪我ではありますが、その中でも特に多いのが足首の捻挫です。
スポーツをしているときにランニングやダッシュ、ジャンプなどの動作で不自然な形で着地してしまい捻ってしまったというときや、普段歩いているときでも階段を踏み外してしまったり、段差に足を取られたりして捻ってしまったという経験をお持ちの大口、扶桑、犬山、小牧の方もいらっしゃることでしょう。

しばらくすると痛みと共に腫れ上がってくることもありますが、しばらくしたら自然に治るだろうと思って治療を受けずにそのままにしたり、一応シップを貼ったりしている方も多いのですが、それでは回復が遅くなってしまうだけではなく慢性的に痛み出すようになってしまったりすることも御座います。
大口、扶桑、犬山、小牧にて捻挫をしてしまったというときには、出来るだけお早めにひだか接骨院大口分院までお問い合わせください。

スポーツをされている方など、捻挫をしたままでは痛みで思うようなプレイが出来ませんし、ただ安静にして練習を休んでいるというのももどかしいかと思います。ひだか接骨院大口分院にて治療を受けていただきますと、早期回復させていくことが出来ます。

院へのアクセス

ひだか接骨院 大口院
【院 長】進藤 真志
【住 所】 〒480-0144 愛知県丹羽郡大口町下小口7-153-1
【TEL】 0587-95-8666
【駐 車 場】16台あり(共同駐車場)
【予 約】なし(治療メニューによっては予約あり)
 

大きな地図で見る