TEL

打撲 | 大口・扶桑・犬山・小牧 ひだか接骨院大口分院

打撲

大口、扶桑、犬山、小牧で打撲を負った際にはまずは冷やしてすぐ接骨院へ

打撲というのは、身体をぶつけてしまって傷めてしまうという怪我のことを指します。普段の生活でも起こりえますし、大口、扶桑、犬山、小牧にてスポーツをされているという方ですと、打撲を負ってしまうことも多くなるでしょう。
皮下組織や筋肉をぶつけた衝撃によって損傷してしまって、痛みがあり腫れを起こしたりアザになったりすることも御座います。
全身どこにでも起こりえる怪我であり、程度も軽症から重症までさまざまです。

大口、扶桑、犬山、小牧にて打撲を負ってしまったとしても、ただぶつけただけだから大したことないだろうと思われる方も多いかと思います。
確かに軽いものであれば、自然に回復していくものではありますが、いつまで経っても痛みが引かないという場合や、腫れがひどいなどの場合には早めにひだか接骨院大口分院までご来院ください。

また、応急処置として、怪我を負ってしまったときにはとにかく早めに患部を冷やすということが大切です。氷を入れた袋などを当てておいて冷やすことで腫れを抑えるという効果が御座います。ひだか接骨院大口分院にお越しいただく前にご自分でもこのアイシングをしておくと良いでしょう。ただ、長時間のアイシングは禁物です。10分~20分くらいにしておいてください。