TEL

ハンドボールでのケガについて | 大口・扶桑・犬山・小牧 ひだか接骨院大口分院

Blog記事一覧 > スポーツでのケガ > ハンドボールでのケガについて

ハンドボールでのケガについて

2018.11.06 | Category: スポーツでのケガ

ハンドボール

大口、扶桑、犬山、小牧にてハンドボール専門施術をおこなっている接骨院

ハンドボール選手に多い怪我やスポーツ障害というと、ボールを投げる動作による肩や肘の痛み、さらにはダッシュやストップ、ジャンプ動作による膝や足首の痛み、さらには慢性的な腰痛などが挙げられます。
大口、扶桑、犬山、小牧でも学校の部活動などでハンドボールをされている方はたくさんいらっしゃるかと思いますが、怪我やスポーツ障害を負ってしまったときになかなか専門的な施術を受けられる場所をご存じないという方も多いかと思います。
大口、扶桑、犬山、小牧のハンドボール選手のために、ひだか接骨院大口分院では専門施術をおこなっており、全身さまざまな部位の痛みを的確に素早く取り除くための施術が出来ます。

たとえば、毎日の練習によって身体に負担がかかり過ぎてしまって痛みを引き起こしているという場合、整形外科などの病院ではなかなか痛みを根本的な部分から改善させていくということは難しく対症療法ばかりになってしまう傾向が御座います。こうした場合には、ひだか接骨院大口分院にて専門施術を受けていただくことで、しっかりと痛みの原因を見つけ出して根本施術になります。これからも思い切りプレイを続けていくためにも、軽い痛みのうちから是非当院の専門施術をお試しください。