TEL

バレーボールでのケガについて | 大口・扶桑・犬山・小牧 ひだか接骨院大口分院

Blog記事一覧 > スポーツでのケガ > バレーボールでのケガについて

バレーボールでのケガについて

2018.11.06 | Category: スポーツでのケガ

バレーボール

大口、扶桑、犬山、小牧のバレーボール選手に専門施術が出来る接骨院

バレーボールは全身を使うスポーツですので、上半身下半身共にいろいろな部位に怪我やスポーツ障害を負ってしまうことが御座います。その中でも特に気を付けたいのがジャンプ動作による膝の障害についてです。
バレーボール選手は、より高い打点からのスパイク、相手のスパイクのブロックが要求されますので、日々ジャンプを繰り返していかなくてはなりません。そして、そのジャンプ動作によって膝にはかなりの負担がかかり痛みを引き起こしてしまうことがあるのです。
こういった膝の痛みはジャンパーズニーというスポーツ障害と呼ばれるのですが、大口、扶桑、犬山、小牧などの病院に行っても、ただ安静にしているように言われるだけでなかなか効果的な施術を受けられないという選手の方もたくさんいらっしゃるかと思います。

大口、扶桑、犬山、小牧にてこのジャンパーズニーにお悩みのバレーボール選手にお勧めしたいのがひだか接骨院大口分院での専門施術です。
バレーボール選手の動きを理解した専門家による専門施術ですので、どのような痛みもしっかりと根本から改善させていくことが出来ます。
膝の痛みというのは、きちんと治していきませんと日常生活にも支障をきたすこともありますので、出来るだけお早めにひだか接骨院大口分院までご来院ください。