TEL

マラソンでのケガについて | 大口・扶桑・犬山・小牧 ひだか接骨院大口分院

Blog記事一覧 > スポーツでのケガ > マラソンでのケガについて

マラソンでのケガについて

2018.11.06 | Category: スポーツでのケガ

マラソン

大口、扶桑、犬山、小牧のマラソン選手の怪我・障害は接骨院にて施術

大口、扶桑、犬山、小牧のマラソン選手に多い怪我というと、太ももやふくらはぎの肉離れや足首の捻挫などが挙げられます。さらに日々の練習によって身体の一部分に負担がかかり過ぎてしまうことによって、シンスプリントや膝痛、アキレス腱の痛みなどといったスポーツ障害を起こしてしまうことも御座います。
こうしたマラソンによる怪我やスポーツ障害というのは、実は身体のゆがみがとても大きく関係しているのをご存知でしょうか。
身体にゆがみがあることによって、気づかないうちに不自然なフォームになってしまい、さまざまな部位に負担をかけてしまっているのです。そうしますと、怪我やスポーツ障害を負いやすくなってしまうのです。

ひだか接骨院大口分院では、こうしたつらい症状にお悩みの大口、扶桑、犬山、小牧のマラソン選手の方々のために専門施術をおこなっております。
痛みのある患部に対しての物理療法などで炎症を抑えてまずは痛みを抑えていき、さらには身体のゆがみを矯正施術によって正常な状態へと正していきます。
ひだか接骨院大口分院の矯正施術は痛みもありませんし、安全な施術ですのでご安心ください。身体のバランスが整いますと人間が本来持っている自然治癒力が引き出されていき、さらに効果的に痛みを取り除いていくことが出来るのです。