TEL

水泳でのケガについて | 大口・扶桑・犬山・小牧 ひだか接骨院大口分院

Blog記事一覧 > スポーツでのケガ > 水泳でのケガについて

水泳でのケガについて

2018.11.06 | Category: スポーツでのケガ

水泳

大口、扶桑、犬山、小牧の水泳選手の障害に特化した施術が出来る接骨院

水泳ではあまり大きな怪我やスポーツ障害が起こらないと思われている方も多いのではないでしょうか?ただ、毎日何百、何キロメートルと泳ぎ続けることによって、身体にはかなりの負担がかかります。泳ぎの種類によって、肩や肘、膝、腰、足首などに負担がかかり、筋肉や靭帯、関節などを損傷してしまうということも少なくないのです。大口、扶桑、犬山、小牧にて水泳をされているという方で、こうした身体の痛みを感じたときには、ひだか接骨院大口分院で専門的な水泳施術を受けることが出来ます。

陸上ではあまり使わないような全身の筋肉を使って泳ぎますし、さらにタイムを競うようなレベルの高い選手の場合には疲労もかなり溜まってくるはずです。それを放っておいてしまうと、次第に痛みの症状となってあらわれてくることが御座います。
大口、扶桑、犬山、小牧にて水泳中に痛みや普段とは違った違和感があったというときには、無理をせずにひだか接骨院大口分院までお越しください。

身体にかかっている負担を取り除いていくということが根本施術につながります。そのため、骨盤や背骨のゆがみなどを矯正していくための施術をおこなうことも御座います。お客様のお身体の状態に合わせた柔軟な対応が出来ます。