TEL

空手でのケガについて | 大口・扶桑・犬山・小牧 ひだか接骨院大口分院

Blog記事一覧 > スポーツでのケガ > 空手でのケガについて

空手でのケガについて

2018.11.06 | Category: スポーツでのケガ

空手

大口、扶桑、犬山、小牧での空手の試合前後のケアも出来る接骨院

大口、扶桑、犬山、小牧でも人気の空手道場がありますので、心身を鍛えるために小さい子供から性別を問わずに日々練習に励んでいるという方もたくさんいらっしゃることでしょう。ただし、こうした空手を始め、武道をされている方には、怪我がつきものではあります。さらには、日々の練習によって身体に負担がかかり過ぎてしまって膝や足首、肩、肘、腰などさまざまな部位に痛みを引き起こしているという方も多いのです。
痛みがあっても、ついつい我慢して練習を続けてしまったり、ただシップを貼ったり冷やしたりするという応急処置だけで済ませてしまっているという方もいらっしゃるかと思いますが、痛みが長引いてしまったり、後々まで残ってしまうような症状も少なくありませんので、出来るだけ早めにひだか接骨院大口分院にて施術を受けていただくことをオススメいたします。

ひだか接骨院大口分院では、大口、扶桑、犬山、小牧にて空手に励んでいる選手のための専門施術をおこなっております。素早く痛みを取り除いて、ベストなパフォーマンスで空手に臨めるようにしていきます。
また、正しく身体を使えるように全身のバランスを整えたり、試合前後の身体のケアなどもおこなっておりますので、是非お気軽にご相談ください。