TEL

ばね指 | 大口・扶桑・犬山・小牧 ひだか鍼灸接骨院大口院

ばね指

ばね指とは

手指の使いすぎによる指の腱鞘炎(けんしょうえん)です。

中高年の女性に多く発症し利き手側の親指、中指、薬指に起こりやすいです。

一度指を曲げて伸ばそうとすると引っかかり感があり

バネのようにカクンと急に戻ります。

症状が重症化してくると熱を持ち腫れや痛みも起こる事があります。

原因と症状

原因

パソコン作業など指先を使う仕事をしている人がなりやすい症状ですが産前産後や更年障害によるホルモンバランスの乱れや

関節リウマチ、腎臓の人口透析を受けている人など原因は様々です。

近年ではパソコンやスマホの普及などで長時間手指を酷使する事が多くなってきているため、

ばね指に悩まれる方が増えてきてます。

症状

手指のこわばりがあり朝方に症状が強く現れる事があります。

手のひらがわの指の付け根あたりにコリコリしこりがあり押すと痛みがあります。

指の曲げ伸ばしをした時に痛みを伴いながら引っかかり感が現れます。

ばね指の原因に合わせた施術で改善を!

ひだか鍼灸接骨院ではまずは炎症が起きている部分の炎症を抑えるためにハイボテージ(高電圧電流療法)を用いた施術おすすめしています。

また日常生活おいて痛みを軽減をさせるためにテーピング固定をおすすめしてます。