TEL

野球肘(上腕骨内側上顆炎) | 大口・扶桑・犬山・小牧 ひだか鍼灸接骨院大口院

野球肘(上腕骨内側上顆炎)

野球肘(上腕骨内側上顆炎)とは

野球肘とは、野球の投球動作によって生じた肘周辺部の痛みを伴う運動障害の事で、野球の競技者に多く発生するため野球肘と称されますが、正しくは上腕骨内側上顆炎といい、野球以外の投げるような動作を伴う、テニス・バトミントン・卓球などのラケットスポーツでのフォアハンドストロークやゴルフのいわゆるダフリ、ウエイトリフティングなどの競技者に見られます。

ジュニア期の野球投手に多く発生する投球過多、オーバーユースに起因する肘の代表的スポーツ障害の一つです。

成長期に骨が障害されるため、肘の痛みのみならず将来まで残る骨の変形をも伴うことがあります。

現在、甲子園に出場する投手は肘のメディカルチェックが義務づけられ、レントゲン検査など障害の程度によっては出場禁止にもなります。

投げる動作として、手首は手招きする時の動き(背屈〜掌屈)とボトルの水を注ぐ時の動き(回外〜回内)が主な動きになります。ボールを投げる時のトップの位置での手首がどうなっているかで負荷のかかり方が変わってきます。
・正しい使い方:手首はほとんどまっすぐ
・悪い使い方:手首が過度に手の甲側へ曲がる(45°以上)

ボールをリリースする前に過度に手首が手の甲側へ折れていると(背屈)、リリース時に手首を戻さなければなりませんが、この時に肘の骨に対して引っ張られる力によって肘の内側の骨の付着部を痛めてしまうのです。

手招きの動きの角度はほんのわずかでも正しく手首が使えていれば、強くボールを投げることができます。しかし肘を痛めてしまう選手は60°90°ぐらい過度に動かして投げてしまうため肘への負担が大きくなって野球肘を発症させてしまいます。ボールを正しく握り正しい手首の使い方をするということが野球肘の予防と回復に重要になってきます。

肘の関節自体が肩と腕の中間部にある関節の為に投球動作時に負担のかかりやすい関節でもあるのです。
野球肘の症状としては肘の痛み以外にも次のような症状が現れることがあります。

背骨や骨格の歪み・捻れがあるまま投球動作を行うと野球肩や野球肘が発生しやすくなります。
骨盤と背骨が歪んで下半身の力を活用できずに上半身に頼った投げ方を続けることも発症につながります。
ほとんどの人は利き腕があるので運動時に重心が偏り、骨盤を含めた骨格の歪みが発生します。さらに骨盤の歪みがあるままで運動するとますます重心バランスが狂い、肩や肘への負担が増して痛めてしまうのです。

主原因であるオーバーユースのピッチング動作を休止させ、投球後のアイシングを行います。

骨に変化が認められる場合は、3ヵ月以上のスローイング動作の休止が必要で、最低1-3年ぐらいのフォローアップが必要にもなってきます。

遊離骨片によって肘がロッキングしている場合は、骨片摘出手術が必要となることもあります。

 

野球肘に対する治療としては、ハイボルテージ特殊電気施術を使って負担がかかりすぎて炎症の起きている筋肉・靱帯の炎症を抑えていきます。場合によっては投球制限のご提案をさせていただき、炎症をしっかりと抑えていきます。

さらに骨格矯正によって骨格の歪みを整え、コアチューニングで下半身から連動し体幹のバランスのとれた身体の状態にしていくことで、回復と予防できるようにしていきます。

 

骨が柔らかい成長期では、投げすぎないことが最も効果的な予防法とされています。しかし、「これ以上投げると障害を起こす」、「これ以下であれば安全」といった明確な基準はなく、個人差も大きいため、チームで投球数や連投の禁止などのルールを決めておく、などが必要になります。

▢深部の痛みや炎症を抑え早期回復を促すハイボルテージ電気療法

▢骨格の歪みを整え不要な筋緊張を無くし、全身の姿勢バランスを回復させる骨格矯正

▢インナーマッスルを刺激し、全身の連動性を高めパフォーマンスの向上を図るコアチューニング

▢筋肉の柔軟性や関節の可動域を向上させるストレッチ

▢負荷の軽減や運動時のサポートをするテーピング

▢予防やリハビリにおける運動指導

ひだか鍼灸接骨院では、野球肘の患者様お一人お一人の症状や生活習慣に合わせて、早期回復を目指しさまざまなアプローチで施術のご提案をさせていただきます。