TEL

手足のしびれ | 大口・扶桑・犬山・小牧 ひだか接骨院大口分院

手足のしびれ

大口・扶桑・犬山・小牧エリアで手足のしびれにお困りならひだか接骨院 大口分院まで

手足のしびれってどんな症状?

手足のしびれは何も問題がない場合もありますが、何かの危険信号である場合もあります。
そもそも手足のしびれとは、どのような症状なのでしょうか。
以下のような症状に心当たりはありませんか?

・ジンジンしたようにしびれる
・感覚がマヒしてしびれる
・原因が分からないのに手足のしびれがある
・しびれと頭痛が同時に発生する

大口・扶桑・犬山・小牧のひだか接骨院 大口分院では、手足のしびれにも対応しています。
手足のしびれがどうして起こるのか分からない、麻痺したようにしびれるなど、一口に「しびれ」といっても様々です。

手足のしびれの中には単純な原因のものもありますが、内臓疾患や脳の疾患によって引き起こされるしびれもあるため、放置していると危険です。

何か原因があって手足のしびれが起こるわけなので、まずはその原因を特定しなければなりません。

大口・扶桑・犬山・小牧で手足のしびれにお困りの方は、ぜひ一度、ひだか接骨院 大口分院で原因にアプローチする施術をしてみませんか。

手足のしびれの原因は?

どうして手足のしびれが起きるかというと、次のような原因が考えられます。

・正座をしていて血液の流れが滞り、手足の神経が酸素不足になったから
・手足の末端が冷えて体温が低くなっている
・血行不良
・ストレス
・内臓疾患
・脳の病気

足のしびれというと、正座していて急に立ち上がった時などがイメージしやすいでしょう。
これは単純に、足の血行が悪くなり、神経が一時的に酸素不足になったことで起こります。
このような単純明快な場合は、時間が経過するにつれてしびれは治ってきます。
その他、精神的ストレスで手足がしびれる場合がありますが、ストレスがなくなると、しびれも気にならなくなります。

末端が冷えやすい人は、冷え性の一環として、手足にしびれが出ます。怖いのは、病気が根本的な原因で手足のしびれが出ていることです。何か裏に、大病が隠されているケースもあるため、気になるしびれは病院で検査を受けなければなりません。
大口・扶桑・犬山・小牧のひだか接骨院 大口分院では、病気を治療することはしていませんが、精神的ストレスや冷え、血行不良からくる手足のしびれに強いです。
薬や手術なくても、手足のしびれを改善していきます。

手足のしびれの治療は

ひだか接骨院 大口分院では、一時的に症状を緩和するだけの治療はしません。
「手足のしびれ」という症状を、根本的に治すための根本治療をしていきます。たった一度当院で施術を受けただけでも、効果を実感する患者さんもいらっしゃいます。

ひだか接骨院 大口分院は、平日20時まで受け付けしていて、お仕事や学校帰りでも気軽にご来院できます。心身共に元気になるような施術を行っているので、ぜひ一度お気軽にご来院してみてください。

手足のしびれを予防するには

病気とは関連性のない手足のしびれの場合、血行を促進させることで改善することが期待できます。また、今は手足のしびれがなくても、今後なるリスクを低くするためにも、日頃から手足の血流を好循環にしていくことが予防となります。ひだか接骨院 大口分院で手足のしびれが改善したという患者さんは多いですが、血行が悪くなるような習慣があると、またすぐ再発してしまいます。

それを防ぐためにも、ご自宅で簡単なストレッチでもいいので、やっておくと血行不良を避けられます。ひだか接骨院 大口分院では、手足のしびれの施術が無事終わっても、再発防止のための予防策をアドバイスしています。