TEL

ランナー膝(腸脛靭帯炎) | 大口・扶桑・犬山・小牧 ひだか鍼灸接骨院大口院

ランナー膝(腸脛靭帯炎)

ランナー膝とは

腸脛靭帯炎(別名ランナー膝)は、骨盤から太ももの外側を通り膝の外側の脛骨まで伸びている大腿筋膜張筋という筋肉の、

膝周辺の靭帯(腸脛靭帯)が膝の屈伸運動を繰り返すことで、膝関節の突起と擦れて起きる炎症です。

特にマラソンなどの長距離ランナーに発生しやすいほか、サッカー、バスケットボール、水泳、自転車、エアロビクス、

バレエ等の競技に多く見られる症状です。

発生の要因はオーバーユース(使いすぎ)で、過剰なランニング時間や距離、柔軟性不足(ウォームアップ不足)、間違った動き、

休養不足、硬い路面や下り坂、硬いシューズ、脚のアライメント異常(O脚や内反足)など、さまざまな要因が考えられます。

ランナー膝の症状と原因

症状としては走ると膝外側に痛みを感じることが特徴です。

通常、走り始めたときには痛みはなくしばらく走っていると痛みが出現し、さらに走り続けると痛みが増していきます。

初期のうちはランニング後に痛みが発生するが休むと消失します。しかしランニングを続けていると次第に痛みが増し、簡単に消失しなくなってきます。

また階段を下りる際や片足でスクワット動作をした際に膝の外側に痛みが生じるケースもあります。

腸脛靭帯炎を発症しやすい内的要因として、内反膝、回内足が挙げられます。

内反膝は膝関節の内反のトルクを増大させ、腸脛靭帯に負担をかけ回内足のランナーは膝の内旋が強くなって膝の外側支持機構に負担がかかり腸脛靭帯炎を生じやすいといわれます。

また、中殿筋の筋力低下はその代償として大殿筋と大腿筋膜張筋(腸脛靭帯の近位部)の同時収縮を引き起こすことにより緊張を増大させます。

①股関節のゆがみ:

腸脛靭帯炎の多くの場合、解剖学的に股関節の外旋(いわゆるがに股状態)の傾向があります。臀部(お尻)の筋肉の緊張とも関連して股関節のゆがみとして体に現れます。

またランニング時に下り坂や傾斜のある所・硬い路面などを走ることで股関節に負担がかかることも要因にあり、股関節にゆがみのある状態で負荷がかかると痛みが出やすくなります。

②脚のアライメント不良:

腸脛靭帯炎の方の共通点として痛みはほとんどありませんが、前脛骨筋や後脛骨筋といういわゆる「すね」の筋肉が非常に緊張しています。すると脚のアライメント=正しい構造が崩れ腸脛靭帯炎を起こしやすくなります。

③臀部の筋肉の過緊張:

腸脛靭帯は、臀部にある中・大臀筋と大腿筋膜張筋いう大きな筋肉によって構成されますが股関節の歪みや脚のアライメント不良、筋力低下により腸脛靭帯の緊張を増加させます。

体幹が弱く、背骨・骨盤が歪み、筋肉(特に下肢)の柔軟性が低下全身のバランスが崩れている状態でランニング動作などを行うと背中が丸く股関節が外旋するようなフォームになり、膝に過剰な負担がかかるためケガをしやすくなってしまいます。

練習量の調整や休養をとるなどをして一旦痛みが引いた状態になったとしても体幹の弱さや背骨・骨盤の歪み、筋肉の柔軟性が低下し身体のバランスが崩れている状態では、運動を再開すると膝に過剰な負担をかけてすぐに痛みを繰り返してしまう可能性があります。

ランナー膝の原因に合わせた施術で改善を!

施術としてはオーバーユースのため局所の安静、ランニングの休止などの保存療法が原則ですが、背骨や骨盤などの骨格の歪みを整える骨格矯正や体幹のバランス向上・維持を行うコアチューニングで、運動時にかかる負荷を減らす根本治療をおすすめしています。

背骨・骨盤が歪み股関節が硬くなっていると腸脛靭帯の柔軟性も低下しケガに繋がってしまいますので、大腿筋膜張筋など股関節外側部を主とした身体全体の柔軟性を挙げるストレッチも有効です。

痛みの初期には炎症反応を抑え回復を促進するハイボルテージ施術も有効です。

背骨や骨盤、股関節など体幹のバランスが整うとスポーツの怪我の回復や予防だけでなくパフォーマンスも向上していきます。

いったん症状が出現すると、簡単には消失しないので発症初期の決断、適切な休養期間が大切です。

同一側の膝の負担を軽くする目的で、たまには普段と反対回りのトラック走行も取り入れたり体の柔軟性や下肢のアライメント、シューズのチェックなどを行うことも予防に繋がります。

▢深部の痛みや炎症を抑え早期回復を促すハイボルテージ電気療法

▢骨格の歪みを整え不要な筋緊張を無くし、全身の姿勢バランスを回復させる骨格矯正

▢インナーマッスルを刺激し、全身の連動性を高めパフォーマンスの向上を図るコアチューニング

▢筋肉の柔軟性や関節の可動域を向上させるストレッチ

▢負荷の軽減や運動時のサポートをするテーピング

▢予防やリハビリにおける運動指導

ひだか鍼灸接骨院では、ランナー膝(腸脛靭帯炎)の患者様お一人お一人の症状や生活習慣に合わせて、早期回復を目指しさまざまなアプローチで施術のご提案をさせていただきます。