TEL

突き指 | 大口・扶桑・犬山・小牧 ひだか鍼灸接骨院大口院

突き指

突き指とは

突き指とは、ボールや壁などに指先が強く当たることによっておこる

指の関節の捻挫です。

原因の多くは球技スポーツなどでボールをキャッチする際などに

ボールに指を突き発生します。

他にもドアや壁などの固いものに指先を強くぶつけることでも起こります。

その突き方や外力の強さなどによって、症状もさまざまのため捻挫から脱臼、骨折まで発生します。

 

症状

①軽度の突き指

・大きな症状はなく、軽い痛みや違和感があります。

・指全体は軽く腫れて左右比べると太くなっています。

・指に張り感が出るため少し曲がりにくい感じがあります。

・筋肉や靭帯などの軟部組織が損傷

 

②中度の突き指

・明らかな痛みと腫れがあり、指全体の腫れも左右の太さの違いがあります。

・指が曲がりづらく、半分曲がるか曲がらないかくらい

・筋肉や靭帯などの軟部組織がひどく損傷

 

③重度の突き指

・激しい痛みと腫れが怪我後すぐに現れます。

・それにより指は動かせても少しで、著明な腫れにより指はかなり太くなります。

・熱を持ち、脈を打つようなズキズキとした痛み

・指の中では骨折や脱臼の可能性もあります。

・筋肉や靭帯などの軟部組織に断裂といった非常に大きな損傷があります。

やってはいけないことと正しい処置

×指をひっぱる     ×痛いところを揉む

「突き指したら指をひっぱると良い」って聞いたことがありませんか?

突き指になって指を引っぱったりするのはやめてください。

突き指というのは、指の腱が切れ痛みがある状態ですので、揉んだり引っ張ってしまうと腱や靭帯などの損傷が悪化する可能性があり、治りも悪くなるので、突き指をしたら無理に動かしたり引っ張らず安静にしてください。

よく冷やしてください

突き指は指の靭帯や細胞を損傷している場合が多いです。

放置しておくと患部の損傷部位をひろげてしまいその分回復に時間がかかってしまうので、患部は冷やし、血流を鈍くして血液が集まることを防ぎます。

あまり長時間一か所を冷やし過ぎず、少し場所を変えながら痛みが落ち着いたら冷やすのを終わらせるのがポイントです。

しっかりと固定する

患部を冷やしたら、すぐに固定です。

割り箸などの添え木やテーピング、包帯などで固定します。

症状によっては固定方法が変わってくる場合もありますので、対処法がわからない方や気になる方はお気軽にひだか鍼灸接骨院までお電話にてご確認ください。