TEL

むちうち | 大口・扶桑・犬山・小牧 ひだか鍼灸接骨院大口院

むちうち(頸部捻挫)

自動車の追突事故などによる頚椎の過伸展とそれに次ぐ過屈曲により起こることが多い。

頸部の軟部組織の損傷により起こるとされているが、低髄液圧症候群との関連も指摘されている。

 

症状

頸部の痛み、しびれ、可動域制限、頭痛、耳鳴り、悪心

 

外傷などにより脳脊髄液が漏出し、脳脊髄液や髄液圧が低下することにより、頭痛やめまい、耳鳴りなどの症状を呈する。治療としては安静と十分な水分摂取を行う。治療が長期にわたることもあるため、精神的なケアも重要である。

 

治療

Tegocoroで骨格を整えるのと同時に筋肉の緊張を緩めて首の負担を緩和させます。特に緊張が強い方に対しては特殊電気や鍼灸治療で筋肉を緩めていきます