TEL

自律神経失調症 | 大口・扶桑・犬山・小牧 ひだか鍼灸接骨院大口院

自律神経失調症

自律神経とは?

自律神経とは、からだを最適な状態に保つために働くものです。

交感神経副交感神経2種類があり、

分かりやすく言うとアクセルブレーキのような働きをしています。

アクセル(交感神経)・・・・

身体を戦闘モードにする。興奮。力が入る。体温・血圧上昇。

ブレーキ(副交感神経)・・・

身体をお休みモードにする。リラックス。睡眠。体温・血圧降下。

役割として、眼球・唾液腺・心臓・肺・胃・肝臓など各臓器、全身をコントロールし、その時々のからだの状況に応じて体内をつねにベストの状態に保ち続ける神経です。

自律神経失調症は、生活習慣の乱れやストレスなどにより自律神経のバランスが崩れた(失調した)状態です。バランスの崩れによって様々なからだの不調がおこります

 

症状

自律神経とは、腕や足の筋肉のように、動かそうとして動かすものではなく、無意識で体を調整する神経です。

ストレスや環境、生活習慣の乱れなどで自律神経が乱れることで、

体のだるさ、冷え、むくみ、頭痛、めまい、耳鳴り、肩こり、腰痛などの諸症状、息苦しさ、動悸、過呼吸、吐き気、不眠、仮眠、食欲不振、過食などの症状が出てしまいます。

 原因

①呼吸の浅さによる、交感神経優位な状態

→呼吸が浅くなる事によって、横隔膜が緊張する事で酸素肺活量が低下。

それによって交感神経優位な状態となり自律神経が乱れます。

②骨格の歪みによる、姿勢の乱れ

→骨格が歪む事で姿勢を維持する事が困難となり、脊髄を通る神経を圧迫し神経伝達が悪くなってしまいます。

よって姿勢が悪くなる事で自律神経の乱れを起こしてしまいます。

③精神の乱れ

→精神的なストレスや、睡眠不足などによる生活習慣の乱れなど色々な要因が考えられます。

身心をコントロールする事が困難となり、自律神経が乱れます。