TEL

五十肩、四十肩 | 大口・扶桑・犬山・小牧 ひだか接骨院大口分院

四十肩・五十肩

大口、扶桑、犬山、小牧にて五十肩をしっかりと改善させていける接骨院

五十肩は、その名前の通り五十代くらいの年齢になると起こる肩の痛みや運動制限のことです。全く腕を上げることが出来なくなってしまうようなひどい症状になってしまうことが多いのですが、現代医学においてどうして五十肩が起こってしまうのかという原因は解明されておりません。
そのため、大口、扶桑、犬山、小牧にて発症してしまっても痛みが治まるまでただ待っているしかない…と思われる方も多いのですが、ひだか接骨院大口分院では五十肩の専門施術によってしっかりと改善させていくことが出来ますのでご安心ください。

五十肩というのは、単なる老化現象というわけではなく、他にも慢性的な肩こりを抱えていたり、大口、扶桑、犬山、小牧でのスポーツのし過ぎ、逆に運動不足の場合など、さまざまなことがキッカケとなって引き起こされているのです。
そして筋肉が緊張してしまって痛みや運動制限を起こしてしまうので、ひだか接骨院大口分院では、硬く緊張してしまっている筋肉をほぐすと共に、身体のゆがみやねじれなども取り除いていき、スムーズに動かせるように施術をしてまいります。
施術にかかる期間には個人差が御座いますが、重い症状になってしまっていてもきちんと施術を続けていただければ、つらい症状は改善されていきますのでご安心ください。

四十肩・五十肩の 「急性期」と「慢性期」 の施術に関する対処の基本

「急性期」

関節に起きている炎症が強く、痛みも非常に強い。また、運動制限も強い

→ 安静

「慢性期」

炎症もおさまりだし、急性期の激しい痛みから、鈍い痛みに変わる。運動制限は無理に動かすと痛む。

→ 患部を温める(患部を冷やさない)

→ 運動療法

→ マッサージ